信託契約は公正証書でないと駄目か?

信託契約自体は、公正証書にしなくても、当事者(委託者・受託者)の調印書面があれば、信託契約書に基づいて不動産の登記手続きを行う際もOKです。公証人立会い下、公正証書を作成しておくことの意味は、契約書の証拠能力が高まるので、万一、将来において契約書の有効性が問題になったときのは、公証人のフィルターを通した本人確認が出来ます。したがって、後日委託者の判断能力の欠如等が問題になることを防げる可能性が高ま...

Read More

悩みの解決はコンサルから、、、。

...

Read More

不動産はコンサルティングで変わります、

ご存知のように、不動産は活用しなければ経済を圧迫します。不動産コンサルティングマスターをご活用ください。主な業務は・所有している不動産の有効活用・投資物件や投資情報の提供・相続や不動産の処分に関する相談・貸家、貸地や賃貸経営のアドバイス・税金や法律のプロとの連携・建物の付加価値の提案や建築企画国土交通大臣 登録番号(6)6650号 不動産コンサルティングマスター 門田啓二...

Read More

民事信託(家族信託)の受託業務を始めます。

民事信託の受託業務を開始します。長年の悲願でした民事信託(家族信託)の受託を始めます、民事信託(家族信託)では、信託銀行の行う営利信託ではなく「受託については費用は発生しません。」費用の発生は①信託スキーム組成時②公正証書作成時③信託登記時などです。お気軽にご相談ください。 (有)マルケイ 不動産コンサルティング部 家族信託係...

Read More

経営者隠居信託

〔この手法で対応できる問題〕そろそろ経営の第一線を退いて隠居したいと考えているが、株式の贈与や譲渡をすると資金調達と課税の問題が生じることがネックで躊躇している場合〈事案の概要〉Aさんは会社の創業経営者です。そろそろ「隠居」して長男Bに会社の経営を任せたい。と考えている。【家族信託を利用した提案】Aさん所有会社の株式を信託財産として、Aさんを委託者兼受益者、Bさんを受託者、二次受益者をBさんとする...

Read More