民法改正等の改正に関する試案(遺留分制度に関する見直し)

遺留分減殺請求権の行使によって当然に物権的効果が生ずるとされている現行の規律を見直すよう意見を提出しております。つまり、遺留分権の行使によって遺留分侵害額に相当する金銭債権が生ずるものとしつつ、受遺者等において、金銭の支払いに代えて、受遺者等が指定する遺贈等の目的財産を給付することができるようにすると云うものです。...

Read More

研究大会における「相続法改正の動向」

〈中間試案後に追加された改正に関する試案〉・遺産分割等に関する見直し1.婚姻期間が20年以上である夫婦の一方が他の一方に対し、居住用不動産の全部又は一部を遺贈又は贈与したときは、持ち戻し免除の意思表示があったものと推定することにより、遺産分割に於いても、このような遺贈等をした被相続人の意思を尊重した取り扱いができるようにする。2.仮払い制度等の創設・要件明確化 相続された預貯金債権について、生活費や葬儀...

Read More

第5回研究発表から~民法(相続関係)等の改正に関する試案から

〈遺産分割等に関する見直し〉について記述します。1.配偶者保護のための方策 婚姻期間20年以上である夫婦の一方が他の一方に対し、居住用財産の全部又は一部を遺贈または贈与 したときは、持ち戻しの免除の意思表示があったものと推定することにより、遺産分割においても、このような遺贈等をした被相続人の意思を尊重した取り扱いができるようにする。2.仮払い制度等の創設・要件明確化 相続された預貯金債権について、生活費...

Read More

一般社団法人日本相続学会 第5回研究大会

本年は11月17日 18日 大会総合テーマ「社会構造の変容と相続」として開催されました。「世代間倫理から相続を考える」と題し基調講演があり、午後より「後見・信託・介護」~世代間倫理から学ぶ~大会シンポジュウムが開催されました。いずれも大変意味のある内容でした。また、「相続法改正の動向」として研究提言発表が行われました。各内容については、随時お知らせいたします。...

Read More

家族信託には遺言の機能もあるが、その効果は?

資産承継の問題のみならず、老親の生前の財産管理について、対策(認知症等による実質的な資産凍結を防ぐ手立て)を講じる必要がある場合には、「契約による信託」を活用することで、資産承継と生前の財産管理の対策に効果を発揮することが出来ます。...

Read More