スポンサーサイト

遺留分対策としての家族信託

そもそも遺留分とは民法上の規定です。信託法の世界は全く別です、つぎのように信託契約に記入してください。1.信託受益権は相続により相続人に承継されない。2.信託受益者の死亡により受益権は消滅し、次順位の受益者が新たに受益権を取得する。3.また、但し書として受益権の処分は受益者の過半数の合意が必要とする。...

Read More

地方版ですが、、、。

方言をタオルにして粗品に使用してます。信託も地方版で頑張っています!!...

Read More

不動産売買でリスクを少なくする方法①

不動産を売却する場合のリスクは多くあります。①売買契約を締結するまでのリスク②売買契約を締結後のリスク リスクを最大限に回避するために「民事信託(家族信託)」を活用することを推奨します。...

Read More

信託契約は公正証書でないと駄目か?

信託契約自体は、公正証書にしなくても、当事者(委託者・受託者)の調印書面があれば、信託契約書に基づいて不動産の登記手続きを行う際もOKです。公証人立会い下、公正証書を作成しておくことの意味は、契約書の証拠能力が高まるので、万一、将来において契約書の有効性が問題になったときのは、公証人のフィルターを通した本人確認が出来ます。したがって、後日委託者の判断能力の欠如等が問題になることを防げる可能性が高ま...

Read More

悩みの解決はコンサルから、、、。

...

Read More

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。