不動産コンサルティング研修(建築)

不動産コンサルティングマスターは不動産の有効利活用では建築の知識も必要となります。もちろん、自主研修ですが「1建築物1敷地の原則と土地利用」「接道規定と小集団開発」「建築面積・容積率に含まれる範囲」「住宅地下室の留意点」など、多くを学ぶことができました。...

Read More

金銭贈与信託(家族信託を利用した提案)

金銭贈与信託(家族信託を利用した提案)委託者兼第一受益者をB(贈与をする人)、受託者をA、第二受益者をC(贈与を受ける人)、受益者代理人をDとし、日常使っている年金受入れ銀行口座を除く全財産を信託財産とする家族信託契約を締結し、受託者の権限として「一定の理由がある場合には、受益者代理人との合意に基づき、金銭信託財産から適正な贈与を行うことができる」と規定しておく、、、。家族信託を利用するメリット1....

Read More

金銭贈与信託

金銭贈与の場合(家族信託以外の方法を利用した対策)贈与者が認知症になった後は、子や孫への教育資金や結婚資金等の生前贈与は、実施することは出来なくなります。・通常の場合は、暦年贈与の金額を増額し、贈与税を支払ってでも早い段階で相続財産を減少させ、相続税の節減を図ることとなります。(贈与税の負担と将来の相続税との比較が難しい)、、、、家族信託を利用した提案については 後日 お知らせいたします。 乞う、...

Read More

家族信託を利用するメリット

・家族信託設定時の課税は登録免許税(通常の所有権移転の約5分の1相当額)のみで、不動産取得税も譲渡所得税も一切発生することはない。・委託者兼受益者が認知症になっても、受託者の権限で自宅不動産を売却し、金銭信託に変換することができる。・信託財産の売却は受益者に対する課税になるので、居住用不動産の売却として、譲渡所得に関する特別控除の特例を使うことができる。・不動産が金銭信託に変換されたとしても、あく...

Read More

実家売却信託について

高齢になった親を呼び寄せたい!実家を売って諸費用に充てたい!が、親が認知症になると、売却が困難になります。通常は、自宅不動産を生前贈与で子供名義に変更することを考えます。相続時精算課税制度を使えば、当面の贈与税はゼロで済みます。が、税務上のデメリットとして、①息子さんに不動産取得税と登録免許税が課せられます。②贈与後に売却出来ても子供さんの自宅ではないので、通常の譲渡所得税が課されます。③親が死亡し...

Read More