FC2ブログ

オープンセミナー

日本相続学会におけるセミナーが開催されました。円満な相続を行うためには? 家族間における会話であることはご承知のところです。一部では「ファミリーヒストリーの必要性について」・神奈川県H家のファミリーヒストリーは18代目の戸主から「出来るだけ遡っての調査依頼があり、調査の結果、17代目、16代目、15代目、14代目、、、、地域に根差した医療をされていて多くの地域住民感謝されていたことがわかり、このことを19代目...

Read More

プライベートカンパニー講座その2

高齢化の進む中で最も心配とされる高齢者の財産管理対策について、学んでいることを記述します。   高齢化の進行により、高齢者の財産管理制度に変化が生じています。 そしてまた、経営者も高齢化が進展しています。 2025年には全経営者のうち64%(245万人)が70歳を超えることになり、 そのうち127万人(50%)が後継者未定で、現状のままだと中小企業の廃業が急増し、雇用約650万人、GDP約22兆円が失わ...

Read More

プライベートカンパニー活用法 講座1

今、高齢化の進行により、経済社会の大きな流れが始まっています。平均寿命が延びる反面、認知症リスクが増加しています。住居形態の変化は、自宅→病院→死亡or自宅→老人ホーム・介護施設→病院→死亡相続対策や高齢者の財産管理制度や高齢者のための老後の安心設計に変化が生じてきます。...

Read More

登録免許税の免税

平成30年度の改正ですが、・相続により土地の所有権を取得した者がその土地の所有権の移転登記を受けないで死亡し、その者の相続人等がその土地の所有権の移転登記を受けないで死亡し、その者の相続人等が平成30年4月1日から平成33年3月31日までの間に、その死亡した者を登記名義人とするために受けるその移転登記に対する登録免許税が免税となります。 ...

Read More

コンパクト・プラス・ネットワークについて

コンパクト・プラス・ネットワークのねらいと効果については、今後、日本の総人口は2050年には、10,192万人と、2010年から約2,500万人減少します。そして、65歳以上の人口は約500万人増加するのに対し、生産年齢人口(15-64歳)は約2,500万人、若年人口(0-14歳)は約500万人減少すると云うデータがあります。その結果、多くの地方都市では、急激な人口減少と高齢化に直面し、市街地が拡散し、低密度な市街地を形成すると共に居住...

Read More