FC2ブログ

苦情解決申出→「解決」事例2

申出人:買主 会員(宅建業者):媒介🔶申出人は、会員の媒介で本件土地売買契約を締結した。本件取引は、売主と媒介業者が同じ代表者であり、その人物が本件取引を主導していた。決済完了後、申出人は本来であれば必要のない諸経費や、法定金額を2倍以上の媒介手数料を支払っていたことを知った。そこで、不要な諸経費や払いすぎた媒介手数料等の返還を求めるも、会員が一向に応じないため、苦情解決申し出を行った。☑本会からの...

Read More

苦情解決

一般の方が不動産を売買する場合は不動産業者に仲介(媒介)を依頼すると思います。近年、数人のお客さんから「不動産の売買は こんなもの?」との相談が寄せられています。本来であれば、私たち不動産業者(宅地建物業者)の所属する保証協会が解決べき問題と思われますが、一般の方がその相談場所の存在を知る余地もありません。 そこで、紙上研修の資料をもとに紹介させて頂きます。宅地建物取引業法の第64条の3に宅地建物取...

Read More

売却依頼について

不動産を売却される方にとっては、一生に一度あるか無いか。売却の媒介を宅地建物取引業者へ依頼するときは、大凡、表のようになります。宅地建物取引業者は媒介契約書や売却依頼書、売主代理としての委任状など多くの書類を作成することになります。不慣れなことなので、多くの場合、依頼する宅地建物取引業者の技量にかかってきますが、業者の見分け方としては本来は事前事後で認識しますが、依頼するまでに認識することとなりま...

Read More

消費税増税後も「住宅ローン控除」充実で負担を軽減!

住宅を購入した時の住宅ローン控除はローン借入金残高の1%が10年間、所得税から減税されるものです。控除対象となる残高の上限は4000万円(長期優良住宅などは5000万円)で、控除額は現状、最大400万円(同500万円)。しかし、2019年10月以降に消費税10%で購入した場合、控除期間が3年間延長されます。延長後の3年間では、最大で建物購入価格(4000万円が上限)の2%が戻り、実質的に消費税増税分の負担が軽くなる仕組みです。が...

Read More

賃貸住宅の管理を取り巻く環境について

賃貸住宅に関する現状については、高齢の家主の比率が高くなっております。また、近年急増している空き家の半数以上を占めていることから、家主による自主管理が難しくなるケースが今後ますます増加するこのと考えられています。管理の専門家である賃貸住宅管理業者への期待が高まる一方、賃貸住宅管理業者との間のトラブルは依然として発生しています。 例えば、    ・賃貸住宅管理業者からの賃料の送金が滞り、賃借人に敷金...

Read More