FC2ブログ

売却依頼について

不動産を売却される方にとっては、一生に一度あるか無いか。売却の媒介を宅地建物取引業者へ依頼するときは、大凡、表のようになります。宅地建物取引業者は媒介契約書や売却依頼書、売主代理としての委任状など多くの書類を作成することになります。不慣れなことなので、多くの場合、依頼する宅地建物取引業者の技量にかかってきますが、業者の見分け方としては本来は事前事後で認識しますが、依頼するまでに認識することとなりま...

Read More

消費税増税後も「住宅ローン控除」充実で負担を軽減!

住宅を購入した時の住宅ローン控除はローン借入金残高の1%が10年間、所得税から減税されるものです。控除対象となる残高の上限は4000万円(長期優良住宅などは5000万円)で、控除額は現状、最大400万円(同500万円)。しかし、2019年10月以降に消費税10%で購入した場合、控除期間が3年間延長されます。延長後の3年間では、最大で建物購入価格(4000万円が上限)の2%が戻り、実質的に消費税増税分の負担が軽くなる仕組みです。が...

Read More

賃貸住宅の管理を取り巻く環境について

賃貸住宅に関する現状については、高齢の家主の比率が高くなっております。また、近年急増している空き家の半数以上を占めていることから、家主による自主管理が難しくなるケースが今後ますます増加するこのと考えられています。管理の専門家である賃貸住宅管理業者への期待が高まる一方、賃貸住宅管理業者との間のトラブルは依然として発生しています。 例えば、    ・賃貸住宅管理業者からの賃料の送金が滞り、賃借人に敷金...

Read More

コンプライアンス違反事例

消費者からの相談です。>私が購入物件の判断に迷っている状況において、その物件についての引き合いが1人もいないのに、「この物件は買いたい方が2人おり、明後日までに買うかどうか返事が来ることになっています」 などと事実でないことを告げることも営業トークと考えている営業マンに出くわしました。 このようなケースはよく見受けられます、「ウソを言うのは正当な営業トークとはいえません。」総評:   宅建業法その他...

Read More

コンプライアンスが問題となる事例

※※媒介業者による買主の独自決定※※ケース 複数の購入希望者から購入申込書を受領した。1番手、2番手とも満額であったが、引渡し時期、手付金の額において2番手の方が好条件であった。1番手は断り、2番手の購入申し込みを優先し、売主に報告した。コンプライアンスで問題になる理由 取引の校正、売主利益を守る点からも、2番手の好条件内容を1番手に伝え、同条件になるかをまず交渉すべきである。宅建業法上も購入申込みに...

Read More