FC2ブログ

改正民法による手付解除

不動産を売買する場合は手付金の授受が行われます、改正民法においては第557条1項により手付解除の要件について「当事者の一方が契約の履行に着手するまでは」と規定しており、この文言からは、手付解除をしようとする者自身が履行に着手した場合にも手付解除ができなくなるように読めますが、判例は、同項が契約の履行に着手した後の手付解除をすることが出来ないとした趣旨は、履行に着手した解除の相手方を保護する点にあるとい...

Read More

改正民法(賃貸借編)

原状回復についての一般規定は「本物件の明け渡し時において、賃借人は、通常の使用に伴い生じた本物件の損耗及び本物件の経年劣化を除き、原状回復しなければなりません。ただし、自然災害等の賃借人の責めに帰すことのできない事由により生じたものについては、原状回復を要しない。」 このことは、改正民法で、自然災害等の賃借人の責めに帰することのできない事由により生じたものは、原状回復の対象とはならないことが明文化...

Read More

民法改正

この度、130年ぶりの民法改正ということで、その知識を学ぶため研修会に参加して来ました。法学部に在籍したこともあり、私自身 今後の仕事上知っていなければならないことです。期待どおりです。テーマは「待ったなし、知らなきゃ危ない!」不動産取引・不動産管理・コンサル・設計業務・建築請負契約に与える影響売買においては、1.手付解除 2.引渡し前の滅失・損傷 3.契約不適合を除く解除 4.契約不適合責任の4点について改...

Read More

スペシャリティ講座

不動産のプロである公認 不動産コンサルティングマスターのブラッシュアップのための講座が開催されます。今回参加する講座は、約120年ぶりに改正された民法の施行が来年4月1日に迫っています。ご来店のお客様に、よりわかりやすくアドバイスできればと思います。...

Read More

大会総合テーマ「女性と相続」への出席報告

令和の幕開けに合わせるかのように、昨年、約40年ぶりに相続法が大幅に改正されました。そして本年1月から順次施行されています。改正内容には、配偶者の死亡により残された他方配偶者の生活への配慮等を多く盛り込み。まさに女性向けた法改正であったと言えます。「女性は5回、相続する」という話をお聞きすることがあります。それは、実家の父母、嫁ぎ先の儀父母、配偶者の5人の相続のことです。 多くの女性は、そのたびに相続...

Read More