fc2ブログ

不動産登記法改正

民法改正
・相続登記住所等の変更登記の申請義務化
・相続等により取得した者が国庫に帰属させる制度の創設
・土地利用の円滑化 などのルールが大きく変わります。
スポンサーサイト



民法改正後の対応は?

民法改正対応
不動産業者(宅地建物取引業者)により、旧民法の解釈で対応されている場合があります。
改正民法による契約不適合責任などの知識は最低限度必要です。

つい業者任せになり、後になってから「こんなはずではなかった」、「悪質業者にだまされた」といったトラブル相談が多く寄せられています。くれぐれも失敗のない不動産取引を行ってください。

契約不適合責任について

不動産コンサルティングPR
既にご存じのように、改正民法では「隠れた」瑕疵という要件は削除されましたが、買主が契約の不適合を知らなかった場合は責任を追及できることは改正前の解釈と変わりません。
そして、契約の解除ができる場合を「契約を締結した目的が達せられないこと」を解除の要件としています。
 いずれにしても、消費者保護の立場に変更がある訳ではありません。

改正民法後の「賃貸借継続中のルール」

住まいのハンドブックa4-2
今までは、賃借中の建物が雨漏り等、賃借物の修繕が必要な場合でも、賃借人が勝手に修繕などの手を加えることは出来ませんでした。が、改正民法では一定の場合は賃借人が修繕しても責任を追及されることはなくなりました。(一定の場合とは、下記致します。)

①賃借人が賃貸人に修繕が必要である旨を通知したか、又は賃貸人がその旨を知っていたのに、相当の期間修繕をしないとき
または、
②急迫の事情があるとき

には、賃借人が修繕できるとされました。

賃借人はしっかりと、頭に入れて臨んでください。