FC2ブログ

家族信託を利用する理由

私たちは高齢社会を迎えている現在に於いては、後見制度や相続については必ずと言っていいほど経験することです、通常、後見や相続は主に民法に規定されている制度ですが、実務では使い勝手が悪い場面が存在します。 例えば、財産の所有者が判断能力を喪失してしまった場合、その方の親族等の判断では財産を処分することはできないため、成年後見の申立てを行うことになります。そうすると、敏速な財産処分をしにくくなる場合があ...

Read More

受託者が役割を果たすための大切な視点

家族信託を組成するまでの間に、親としての希望や不安或いは子としての希望や覚悟など様々な想いがやりとりされます。そして、最終的に親の想いが子に実現する決意を表明することで、信託が出来上がるといえます。 これまで聞くことのなかった親の不安や願いを直接聞くことで、多くの子世代は、「親の不安を何とかしてあげたい、その願いをかなえてあげたい」と強く感じます。そして、受託者として自分が期待されていることを自覚...

Read More

受益権売買により流通税を軽減したい場合

Xは収益性あるビルをA子供の設立したZ資産保有法人に売却しようと考えています。Xを委託者兼受益者Aを受託者Xは受益権をZ資産保有法人に売却そして、、、お考え下さい。。。。。  まずは、売却しようとする物件を信託契約で信託財産に入れます。    (所有権の財産から受益権という財産に転換させ、) つづいて、その受益権を売買することにより流通税(登録免許税、不動産取得税)      の負担軽減を図る...

Read More

金銭を信託財産に追加する場合

「追加信託」という条項は信託法上はありませんが、実務上行われています。追加信託は、原則として追加変更契約として委託者と受託者の契約形態をとるのが原則ですが、信託契約書に金銭の追加信託の条項を盛り込むことにより簡易的な取り扱いが可能となります。...

Read More

遺留分対策としての家族信託

そもそも遺留分とは民法上の規定です。信託法の世界は全く別です、つぎのように信託契約に記入してください。1.信託受益権は相続により相続人に承継されない。2.信託受益者の死亡により受益権は消滅し、次順位の受益者が新たに受益権を取得する。3.また、但し書として受益権の処分は受益者の過半数の合意が必要とする。...

Read More