FC2ブログ

不動産売買でお悩みの方へのブログです。

不動産取引でおかしいな?と感じた方は是非お読みください。

マルケイの中期計画その1

i
賃貸借事業を考えた場合、賃貸事業のオーナー様は今まさに高齢化の真っただ中のように思われます。
賃貸事業を行っている間に高齢による認知症等になった場合、契約の締結は勿論のこと、契約条件の変更等や現預金の出金さえも出来なくなります。多くの方は成年後見制度を利用すれば、、、、と楽観的に考えている方が多いのですが、本当にそれで大丈夫でしょうか?このような時こそ、信託を利用してご家族の中の1人を信じて託してください。家族信託(民事信託)は元気な時にこそ行える制度であり遺言の機能もありますので大変良い制度です。この制度を中期計画として取り組んでゆきます。
家族信託コーディネーターより
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)