FC2ブログ

オープンセミナー

相続学会

日本相続学会におけるセミナーが開催されました。

円満な相続を行うためには? 家族間における会話であることはご承知のところです。


一部では「ファミリーヒストリーの必要性について」

・神奈川県H家のファミリーヒストリーは18代目の戸主から「出来るだけ遡っての調査依頼があり、調査の結果、17代目、16代目、15代目、14代目、、、、地域に根差した医療をされていて多くの地域住民感謝されていたことがわかり、このことを19代目になる者に伝えることが出来た。そして、19代目になる者は自分の先祖を知ることが出来、大変喜んで頂き今後の生活に大きな変化が生じてきました。


二部では「磯野家に学ぶ相続」についての有意義な時間でした。

・相続人が19人 ・借金相続、相続放棄の落とし穴などについてお話しの中で、相続放棄は、民法の規定では、相続放棄を行っても当該相続財産に対する管財人が選任されるまで、当該相続財産を管理する義務が規定されている(民法940条)こと。や相続財産が国庫財産へ帰属するまでは、相続放棄者が相続財産の管理を行うこと。などがあるため、注意を必要とすること等々


多くの気ずきを与えて頂きました。



スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)