FC2ブログ

不動産売買でお悩みの方へのブログです。

不動産取引でおかしいな?と感じた方は是非お読みください。

遺言の限界

通常は「遺言があれば大丈夫!」

「争族防止のために遺言書を書きましょう、遺言さえすれば安心です」

と言われることがしばしばありましたが、

2018年の相続法改正により、遺言の紛争防止機能が劣化し、絶対的な

位置づけが揺らいでいます。


つまり、

1.いつでも撤回が可能です。


2.遺言と異なる遺産分割をすることが可能です。


3.成年後見人は遺言を破ることが可能です。


4.後見制度支援信託制度は遺言を破ることが可能です。等々。


遺言だけでなく、信託等のより確実な制度を使い分けることが

必要となります。



スポンサーサイト



Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)