FC2ブログ

不動産屋のよもやま話

不動産に纏わる話題のブログです、、、、

消費税増税後も「住宅ローン控除」充実で負担を軽減!

メトロ

住宅を購入した時の住宅ローン控除はローン借入金残高の1%が10年間、所得税から減税されるものです。控除対象となる残高の上限は4000万円(長期優良住宅などは5000万円)で、控除額は現状、最大400万円(同500万円)。

しかし、2019年10月以降に消費税10%で購入した場合、控除期間が3年間延長されます。延長後の3年間では、最大で建物購入価格(4000万円が上限)の2%が戻り、実質的に消費税増税分の負担が軽くなる仕組みです。が、

 それでは、

住宅を増税前と増税後に購入した場合ではどちらが得になるでしょうか?

消費税8%(10年間)の場合と10%(13年間)の場合とで戻る額を試算すると、増税後の方が戻る額が多くなります。さらに、増税後は次世代住宅ポイント制度が利用できるほか、贈与税の特例やすまい給付金の拡充される予定となっているので、これらの住宅取得支援策により、増税後に住宅を買った方がトータルではお得なケースも少なくないようですネ。






スポンサーサイト



Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)